小学2年生のピアノ生徒。始めたのは年中の頃でしたが、お受験やら小学校の電車通学に慣れるなどでお休みが多く、遅々として先に進まずまだ初歩の段階ですが、時間が取れ練習をしてくると、感受性豊かで、きっと子供ながらに人の心を打つ演奏をするようになるだろうという片鱗が見えてきました。
とっても型にはまらない子で、こういう子はママが伸び伸びと育てるのが一番です。
もうスッカリ伸び伸びと育っていますが、これからも人と比べずいい面を引き出し伸ばしていくのが大切ですね。
夏休みはゆっくり過ごし、ピアノの練習時間も多く取れるでしょうから、初歩を脱するいい機会です。時間が短くとも毎日練習をしてレッスンに通う。これが上達のコツです。