ピアノを教えているとある瞬間、個々の生徒が驚くほどいい演奏をすることがあります。
今までいくら言っても中々弾けるようにならなかったことが、全てクリーンに弾けたときに、喜ぶのはもしかして先生の方かもしれません。

音を間違えないで弾けばそれでいいというものではありません。
音読みだけではない譜読みをきちんとし、曲に合ったリズムと曲想がうまく表現できて、そして大切な音色を聴き分ける耳を研ぎ澄まし…

趣味でやっているのに何もそこまでと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、先の事が同時にできるようになった時に、とても集中力がつくのです。
頭と耳、指の鍵盤にあたる感触など、五感を研ぎ澄まし弾けば、それは集中力が付きます。
だからそれ故にピアノが弾ける子は勉強もできるようになるのだと思います。
楽しみにしろ、ピアノを習うのならここまでやらなければ意味がありません。
しっかり練習し、弾けるようになった曲を繰り返し弾くのは、とても楽しいですよ!