赤ちゃんから大人まで音楽を楽しみましょう
ピアノレッスン・音楽療法セッションの現場から

月別アーカイブ: 2016年8月

長きに亘りやり続ける大切さ

オリンピックではないですが、何事においても陽の目を見るのは、何年も時には何十年もかかるのかもしれません。 私の生徒たちもオリンピック選手レベルではありませんが、過程を見れば同じと言えます。 3歳から見ている生徒です。ママ …

これから連弾のピアノ練習

コンサートを明後日に控え、軽めの連弾の練習をしてきます。 相手方が私の数倍の体力の持ち主で、何とも羨ましい限りですが、私もピアノをシッカリと弾きます。 コンサートで<音花の樹>の演奏を楽しんでいただくことを期待して・・

4歳児にして一流演奏家の指導!?

打楽器奏者の高橋明邦氏の指導を受ける4歳児!? いいな~♪、ジジとお孫ちゃんみたい、

自閉症児ピアノレッスンの喜びと苦しみ

自閉症児のピアノレッスン。今まで教えて来た生徒たちのレベルはかなり高く、特に今教えている生徒は、小学校高学年になってピアノをスタートしたにもかかわらず、既にソナタを弾いています。 私がピアノを見るまではエレクトーンを習っ …

子どもの生徒のユニークさと言ったら・・・

生徒にピアノを教えていると、時々大笑いすることが起こります。 シャープ・フラット・ナチュラルを1度に教え覚えた小学1年生の生徒。ナチュラルを示しこれは何だっけ?と聞くと「ナチュラム」と胸を張って答えた。しかも三つの言葉を …

ハイドンのソナタをしっかり練習

ソナタやソナチネは、あらゆる要素が入っていてとても勉強になりますが、今どきの子はこれらを集中して練習を続けるのが難しいです。特に全曲となると、急・緩・急が基本となる長い1曲となり、3楽章まで到達するのは難しいです。 私が …

夏休みはゆっくり休むためにある!

私のところに今まで来ている生徒を見ていて度々思うことは、お休みになると予定をたくさん入れる親御さんがいて、子どもが新学期を迎えるころは疲労困憊になっていて、何のためのお休みか理解していないなということです。 特に小学校低 …

ママと相性の悪い子

何故この子が私の元にやって来たのだろう?時々かいつもか、ママは1度や2度必ず疑問に思うことです。 傍から見るととてもいい子でも、ママにとっては我が子のやることなすこと全て気にくわなく、「どうして私の言葉が届かないのだろう …

大人の発達障害

幼少時代には見過ごされてきた発達障害。その子供たちが大人になった時に、生きにくさ故に様々な問題が生じてきています。大学生活までは、授業に参加し好きなアルバイトをしてと自由な生活でクリアしてきたとしても、さて就職となった時 …

カレンダー

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGETOP
Copyright © Music & Therapy All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.