私のところに今まで来ている生徒を見ていて度々思うことは、お休みになると予定をたくさん入れる親御さんがいて、子どもが新学期を迎えるころは疲労困憊になっていて、何のためのお休みか理解していないなということです。

特に小学校低学年の子は、学校の疲れを十分にとり、疲れが取れた頃に予定を入れていくのがいいのではないかと思います。疲れが取れたら学校の勉強にも身が入り、後れを取り戻したり先に進んだり、能率が上がるというもの。特に東京の夏はあっちこっち連れまわすには暑すぎます。何事も焦りは禁物。1,2年の遅れなど、人生を振り返った時にどうってことないことに大人になれば理解できるのに、その大人である親御さん本人が、無理難題を子どもに押し付けている気がしますが・・・?