何故かピアノを弾きながら笑って叫ぶ生徒がいると、先日書きましたが、小学2年生のこの生徒も、いまだにまだ笑ったり話したり。1年生の時よりは減ってきましたが、それでも弾きながらブツブツ…

この生徒は年少さんの時から本当によく笑う子で、こんな子が家にいたらさぞかし楽しいだろうなと思います。家で笑いが絶えないというのは、幸福の証ですから。

とてもお利口さんで、私の注意によく耳を傾け、すぐ直すことができます。笑いながら叫びながら弾いているのにどうして弾けちゃうのと思いますが!最近は集中力も増し、瞬間的にピアノに入り込んで弾いています。これが瞬間的でなくなり、もう少し練習してくれば、もっと集中力がついてくるのですが、中々です。

この子の明るさがなくならないよう、これからの成長を見守っていきます。