耳コピって、若者の中では普通の言葉でも、オバサン・バーさんが聞いたら何それって思うだろうな。

私はバーさんかオバサンか、はたまたお姉さんか?そんなことはどうでもよくって、意味はすぐ分かりました。要はこれって音楽家の間ては絶対音感であり、聴いた音を全て音で表現することですわ単に!

私の生徒、みんな趣味でピアノを弾いているのに、この耳コピのできる生徒が結構いるのです。今日来た生徒も耳コピで、学校の軽音楽部でキーボードを担当し、メロディーに耳コピによるハーモニーをつけて演奏しているんですって!

この耳コピのできる子は、良いような悪いような・・つまり耳で直ぐ覚えちゃうので、譜面を読む必要がなく、従って譜読力のない生徒が結構いるのです。

彼女にも、なんとか譜読みをできるようにしようと、ソルフェージュなどをして試みましたが、譜読みがままならぬままショパンの難しい曲を弾いています。YouTubeの誰かのコピーらしく、時々おかしな弾きかたをしますが、私が隣でチョッと音をはずして弾くと、「先生、変だよ。」と、直球でダメ出しが入るので、気が抜けませぬ。耳コピの生徒には要注意です。