ピアノを通して自信が持てるようになる子はとても多いです。ですが障がいを持った子は少々時間がかかります。

幼い頃より、自分は他の子よりできないことを周りから植え付けられ、一歩前に進めない子が多くいます。そういった中で時間はかかっても、セラピストと共にピアノレッスン行うことができればを、繰り返しの間に気が付けば知識も身に付き、弾けるようになっていきます。

自閉症の子の場合は記号を覚えるのが得意なので、そこから入るのも一つの方法ですし、絶対音感を持っている子は、耳から入るのも効果的です。両方の力がなくとも、向き合っている間に各々の子どもの特性が分かりますから、得意な部分から入って行けば、ノを弾くという目的に、いつかは到達できるのです。

それには双方の粘り強さが必要ですが、子どもに負荷をかけないために、プレイセラピーをレッスンの中に取り入れていき、楽しみと共存させると長続きします。