今回の「音花の樹」クリスマスコンサートに出演した、高校1年生の生徒の今年、最後のレッスンです。

コンサート後初めてのレッスン。新しい曲を譜読みして来ましたが、コンサート前とピアノの音が明らかに変わっていました。時として無味乾燥な音を出していたのですが、心のこもった優しい音で弾いてきました。

施設での演奏が、彼女に何をもたらしたのか?2回のステージで、2回目の方がずっとうまく弾けました。1回目は様子がよく分からなかったと思いますが、2度目は自分の演奏が、聴きに来ている人たちの喜びになっていることが伝わって来たのでしょう。

電子ピアノなので、聴衆の顔を見ながら演奏することになります。彼らが楽しんで聴いている同じ時間を、音楽を通して共有できたという喜び、それが自信に繋がったようです。

そういう風にフィードバックをすると、施設で弾いた経験は、ただ単によりピアノが弾けるようになったことだけではありませんね。自分も人の役に立つという思いが、心のどこかに残った気がします。

レッスンを重ね結構きついことも言ったけれど、やり遂げてくれました。先生としても、とっても嬉しい成長です。