今まで自閉症の子のピアノレッスンをしていて思うことは、軌道に乗るまでが大変ですが、一度軌道に乗ると、次のステップまでほぼ問題なくレッスンができます。ステップ毎にそこに乗せるのがまたまた大変ですが、それはどの子においても同じなので、それほど困難ではありません。

最初の一歩が上手くいかなければ軌道に乗せるのは時間がかかりますが、彼らが体内に持っている特有のリズムを変えていき、私と合わせることができるようになると、レッスンが可能になります。

1人1人子どもは進歩の度合いが異なり、個人レッスンやセッションの場合、その子のペースを見ながら進めることができるので、パニックを起こすこともなく、レッスンが進むにつれ平穏な時間が流れていきます。他の子に比べたら進歩が遅くても、小さな進歩が積み重なり、自信となり社会生活でも一歩踏み出すことができればいいなと思います。

今まで教えてきた自閉症児のピアノレッスンをフィードバックすると、ピアノが弾けること以上に、意味のあるレッスンと言えます。

健常児に置き換えて考えても、大きくなってこのことを理解する生徒が時々います。そういう生徒はレッスンしてきた意味を感じ取り、心から感謝しているのが伝わってきますが、残念ながらそこまでできた生徒はそんなにいません。1人でも出会えれば十分と考えた方がいいでしょうが、幸せなことに、数人の生徒が頭に浮かんできます。