「〇〇ちゃんの音はとっても綺麗よ。そういう音でこの曲も弾いてほしいな」と言うと、「ほんとかなあ・・・」と、消え入るような声で言いました。「そうよ、このあいだ聴いたよ、綺麗な音で演奏したのを。」

こういう会話をした後この生徒は「先生にピアノを習うの、嬉しい!」と言いました。彼女の独特な言い方でしたが、褒められて嬉しい思いをしたのが伝わりました。と同時に、やはり自信をつけるということはとても大切と痛感しました。

私が褒めても直ぐには信じられなかったようです。でも嬉しかったという思いも伝わったので、日頃からもっと自信が持てるようにしなければならないなと思いました。

ゆっくりでいいから、1曲1曲を大切に、レッスンを進めていくことにしました。