「Bo先生!」と、大きな声でお部屋に入って来た子はASDの年長さんです。

自閉症の子が私の名前を言いながら入って来たのは、この年齢で初めてかも知れません。

ママに毎日行っている幼稚園の先生にはどうですかと聞くと、一度もないと言っていました。

また自閉してしまうかもしれないですが、そうなった時は、この間は先生の名前を呼んでくれたねぃと話しかけることにします。

いま幼稚園では、「もう直ぐ小学校」が合言葉になっていて、彼は行く行かないと、葛藤の中にいます。

私が聞いてみると「いかない」と答えていました。ウム!この気持ちに寄り添いながら、行くに変えていこう。