スポーツ観戦をしていても、「とにかく自信!」と解説者は言います。

今生で生きていく上で、自信は必要不可欠のものと言えるかもしれません。

ピアノの生徒で自信の持てない子は、勉強面でも自信を持てないでいます。きっとそれだけでなく、学校においても自信を持てないで過ごしていると思います。

ピアノで自信のない生徒は、弱々しい音で弾き、五線帳に書かせても薄い字で書き、何が書いてあるか分かりません。

自信の持てない生徒も、時として自信を持って弾くことがあります。それは納得のいく練習をしてきた時です。譜読みが終わり、慣れた曲を弾くときも自信を持った音で弾きます。

これらの事は子どもの性格にもより、練習してなくても譜読みが終わってなくても堂々と弾く子もいますが…

生徒は一人ひとり性格も異なり家庭環境も様々なので、こういった生徒たちのバックグラウンドを知った上でレッスンするのが大切かと思います。