三月末、高学年は卒業式の練習で、落ち着かない日々を過ごしています。

特に5年生は自分が卒業するわけでもないのに、卒業式の練習で少々ウンザリしています。

何が一番いやかって、いつもは優しい先生がピリピリして怖いことらしい。

先生としたら、6年生の最後の思い出として、卒業式をつつがなく進行したいという気持ちの表れなんでしょうかね。

5年生も、6年生になれば先生方の思いも通じることでしょうから、もう少しの辛抱よ!不満に思わず、シッカリ式の練習に参加しましょう。