練習をして弾けるようになる生徒は、生徒も曲が仕上がり楽しいでしょうけど、教える方もレッスンの効果がどんどん上がり、様々な曲を弾かせることができ、選曲も楽しくなります。

昔の生徒は基本にのっとり、ハノン・チェルニー・バッハプラス自由曲でしたが、最近の子にそれを課したらピアノレッスンに来る生徒はいなくなると思う。

だから指のお稽古を少しやる他は、練習曲と自由曲です。練習曲は譜読みができるようになる曲を選び、自由曲はなるべく自主的に練習する気になる曲を選び、生徒にも選んでもらったりします。こういうやり方をしていると、譜読みが中々進みませんが、楽譜がそんなに読めなくとも1曲集中型がいいという生徒が多いのが現状です。

昔ある生徒に、「趣味でやっているのに、なんで練習しなきゃあならないの」と言われ、言葉を失ったことがあります。その通りなんだけど、練習しなければ弾けるようにならないのがピアノです。

飴と鞭とはよく言いますが、最近の生徒には飴と飴!でもしかし、世の中に出たらキツイことだらけなのに、毎日少しのピアノの練習もできなくって、どうやって生き延びていくんだろうとも思いますが…

いつも思うのは、たかがピアノされどピアノ、でっす。