土曜日、新学期に最初に来た生徒は、それぞれ3年生5年生になり、ちょっぴりお姉さんになっていました。

これからどんな学年を過ごすか、見守っていきたいと思います。

5年生の生徒は、毎日のように練習してきているにもかかわらず、「暗譜してこなかった・この曲、練習するのを忘れてた」と言い、その言葉の中に自信のなさが伺われ、ピアノレッスンを通して、もっと自信を持てるようにしていくのが目標です。

結局2曲とも合格にし、出来ていることを本人に自覚させました。この繰り返しや適切な言葉かけにより、自信を持ってくれればいいなと思っています。