音花の樹という、セラピストであり演奏家でもある5人のグループを立ち上げてから、三年目に入りました。

立ち上げた時は1回だったコンサートが、今年は3回の予定です。

メンバーそれぞれが仕事・家庭を持っており、超多忙な中の演奏活動は、練習時間を見つけるのが最も大変な作業です。

そんな中、昨日はスタジオを借りて歌の練習をしました。5月31日に予定している、横浜の重度障がい者の施設で演奏をします。

曲目は既に決めてありますが、三人で練習するのは初めてでした。お互い十分な練習を積み上げて、練習2回ぐらいで本番を迎えていますが、ピアニスト同士は二人で多くの練習を積んでいます。

前年の演奏が好評だったために、一つ一つ積みあがって行っています。いい演奏をするにはやはり練習が欠かせません。

時間を見つけてはピアノに向かう毎日です。