自信のない生徒には、今の実力に見合った曲と易しい曲を与えるようにしています。もっと自信のない子には、うんと易しい曲をだして自信がつくのを見守ることにしています。

自信のない子には自信を持たせるのがとても大切なことです。先ず自信を持てない理由を見い出し、優しい曲を与えて励ます。

このことはセラピーにも通じ、ピアノレッスンをしていない子にも同じ過程をたどります。

自信を持てない子は、親御さんに要因があることが多々ですが、それを理解し家で同じように励まし続けていると、子どもの回復能力は素晴らしいものがあります。

この過程を経て生き生きしてきた子どもたちを多く見てきました。お母さん、頑張れィ!