母と娘。とても難しい関係です。相性が良かったりうまくいっている間はいいですが、思春期になった途端、諸問題が出てくる場合は、幼少期の母子関係に問題がある場合がほとんどです。

この幼少期の母子関係に問題がある親子が私の所に来た時はどうするか?長い時間をかけて親御さんを面接するか、時間がない時は、目の前に思春期が迫っている時は、時間をかけることはできません。経験的に、思春期になった時に起こるであろうあらゆる問題が分かるだけに、思春期になる前に少しでもいい方向にもっていかなければなりません。

既に何十年、子どもと向き合っている仕事をしていると、問題が生じるであろう子どもが、やはり思春期になって困難を抱えていることを知ることになります。

それと同時に、問題を抱えている子に対して治療的かかわりもしてきました。時間はかかりますが、回復してクオリティーの良い生活を送っている大人に成長しています。

縁あって私のところにきた親子が、思春期になって問題を抱えないよう、力を注いでいくのみです。