レッスン2年目を迎えた2年生の男の子。<ピアノのおけいこ>の終わりの方で珍しく停滞しています。いつもなら1回で合格なのに、2回目のこの日もまだ弾けていませんでした。なので片手ずつ弾かせて弾けない箇所を指摘。ここを練習すればすぐ弾けるようになるよと教えると、練習する気がしなくなった生徒は、つっかる場所が分かると案外早くできるようになります。この生徒はいつもお家でちゃんと練習をしてきていたので、こういうレッスンの内容は初めてですが、2年目の停滞というか、時には練習も嫌になるしピアノも弾く気がしなくなるでしょう。そんな時は、ここまで弾いてきたから次につながるねと言って、もっと練習してくるんだよとは決して言いませぬ。

最も昔の生徒が聴いたら腰を抜かすだろうけど・・・・世の中が変わったので、教える立場もそれに順応せねばなりませんね!