「人生思うに任せぬことばかり。順風満帆ではありません。上り坂や下り坂。

凍てつく寒さの如く、悩み苦しみ、先が見えない苦しみの中に身を置くこともあるでしょう。」

栃木、宝蔵寺のお坊様のお言葉の引用です。

「物事を悪い方の連想に囚われないのが肝心です。

可能性は無限にあるのだから、未来を決めつけず、ニュートラルな気持ちを持つ努力が必要です。

状況が悪い時こそ、フラットな気持ちを保つように、自分を教育するチャンスです。」

こちらはある方からいただいたお言葉です。

人は生涯、人生と闘って生きて行かなければなりません。その為に生を受け生まれ出でました。

戦い続け、人生を終わらす時が最期の闘いであると聞きます。

であるなら、闘いを味方につけ、生きて行く原動力にするにはどうしたらいいかと考え、実行していった方が生きやすくなるのではないか?