先週から夏休み中のセッションになり、ご機嫌でやってきた小学1年生。

セッションルームのドアを勢いよく開け、ニコニコ笑いながら、「Bo先生おはようございます。」

いつものカレンダーのシール貼りと挨拶の歌を終え、元気よく太鼓を叩いた後は、ピングーファミリーをやることになりました。

ピングーのお家と病院を作り、私とお話ししながらごっこ遊びをしました。今までは家に食卓セットを並べて終わりになりましたが、今日は美味しくご飯を食べ、お友達が遊びに来るというごっこ遊びをしました。そして病院にも「お腹が痛いよ~」という患者さんが来て、お医者さんが聴診器を当てと、現実に添ったごっこ遊びができるようになりました。

この夏は発達するチャンスなので、何か一つできるようにしようと思います。