「スケートをする人々」と「真珠」を弾いている生徒。真珠は私が与え、スケートは本人が弾きたいと言った曲です。

スケートはまだ譜読みの段階だけど、真珠は暗譜までいき、綺麗に弾けるようになりました。テンポがまだ遅いので合格には至らなかったけれど、このコロコロと美しく流れる曲を、ここまで弾けるようになるとは思わなかったので、先生としたらとても嬉しい!

この生徒の最も得意分野は何か、今一掴めていませんが、三拍子が少々苦手なことは分かっています。その他は様々な曲想を弾きこなすようになってきているので、これからも多種多彩な曲を弾けるようにしていきたいです。スケートをする人々は三拍子。ちょうどいい練習になります。