先週セッションで泣いた子が、今日張り切ってやってきました。

「○○先生○○先生」と二度も呼びかけてお部屋に入ってきました。

先週のお話をしてみたところ、スッカリどこかに行ってしまっていましたが、二度呼び掛けて彼は私の存在を確かめたのでしょう。いつもと変わらず先生がいると…

それでも、今日はシッカリ遊ぼうね、先週みたいに一人で閉じこもっているとまた遊べないよと、クギを刺しておきました。今までの経験から、これが案外頭に残っています。

授業参観では会話をたくさんしていたと聞き、ここでのごっこ遊びが役に立っているのを感じました。ASDのお子さんが苦手なごっこ遊び。でも仲間に入れてと一緒にやると、二人のごっこ遊びができるようになります。

このようなごっこ遊びをそれぞれの子どもたちとやって来て、私の頭の中にはおかしな面白いお話がたくさん詰まっているのです。