朝の8時半からの塾のクラスに出た後ピアノレッスンに来て、終わった後再び塾に行くという高校2年生の生徒。目標に向かい、充実した日々を過ごしています。

中学受験の時はやらされている感があり、塾もただ行っていただけ。でも今は成績が上がるし楽しいと言っていました。

本当に教育は難しいですね!学級崩壊をしていない私立の学校に行かせたいと希望する親と、受験に意味を見いだせない子ども。

今までの子どもたちを見ていると、親に言われ仕方なく中学受験した子は、荒れるケースが多々あります。学校に馴染めず不登校になったり、やる気を失い勉強放棄状態になったりです。

でも救いはほとんどの生徒が自分を取り戻し、中学3年ごろから自覚を持ち始めます。この生徒も中学に入って止めていたピアノを、高校に入り再開させました。

いいところを沢山持っている生徒。どんな大人になるかとても楽しみです。