小学の途中までピアノに対するやる気が全くなかった私でしたが、小学5年生になった時の母の「そんなにやる気がないならピアノを辞めてしまいなさい」という厳しい一言で、目が覚めました。

私の人生において気合いが入った瞬間でした。それ以来、母は練習しなさいと一言も言わなくなりました。それと同時に私のやる気に火が付き、学校から帰るとピアノに向かう日々が始まりました。

人はそれぞれでいい。何か自分にこれしかないというものを見つけて、それに向かって努力することが大切ではないか?親に言われるまま中学受験をするより、この学校に入りたいという目標を立てて受験すれば、やらされているという気持ちは起きず、自分のために勉強できます。

その何かを持つことのできる子どもに育てるのが、親がやらなければいけない一つだと思います。子どもの能力を見極め、その能力が自分の希望と合わなくても、子どもが望めば応援していく姿勢が大切かと思います。