水泳の萩野公介選手が、「プールは自分を映す鏡だ」と言っていましたが、それは全てのことに置き換えられますね。

スケート選手は「リンクは自分を映し出す鏡」だし、陸上選手はトラックやフィールドが鏡だし、バレリーナはスタジオが、楽器奏者は楽器そのものが鏡となります。

これはピアノを弾く者として、日々実感しています。体調悪い時のピアノの音と言ったら・・・!昨日は上手く弾けた曲が全くダメになっていたり、いい音を出して弾いていたあの音色はどこに行ったのかと思うことなど度々です。心身の良し悪しが即、練習に表れ、そういう時は能力のなさにガッカリしてしまいます。でもそういう時でも気持ちを奮い立たせ、各々を映し出す鏡に向かわなければなりません。

コツコツコツコツと、イチロウ選手のように、結果を求めず身体のケアをし続けることのできる人が、超一流になれるのですね。