月2度の音楽療法を始めて五ヶ月が経ちました。

ムッツリ怒っているか無表情だった参加者が、笑ってる!そしてセラピストも笑っている。

二人のセラピストで行っていますが、相棒はグループが得意で、実にうまくまとめてプログラムを進めています。

私は長年の個人セッションの経験から、ピアノを弾きながら一人一人の様子を見て、ついでにセラピストも見ていますが、いつも笑顔が絶えなく、ホントに楽しそうにセッションをしています。

約10人のグループが二つ、最初は多くの困難が待ち受けているであろうと思いましたが、毎回二人でフィードバックをしプログラムを組み立てて行ったお蔭で、参加者が変わってきました。

今日も頑なに心を閉ざしていた人が輪の中に入ってきました。前回も顔を背けていた青年が、帰り際に相棒と握手して帰りましたが、今日は私と握手をしました。

こういう結果が二人にとってやりがいに繋がり、笑顔になるのです。