多くの自閉症児と関わってきましたが、自分のやりたくないことをやらされたり、人と関わりたくないと思った瞬間に、自分の殻の中に閉じこもってしまいます。

これって、一種の疾病利得ではないか!私はそうはさせずと、その殻から出す為にあれやこれやです。

閉じこもり方も様々で、全く無言のままで静かに引きこもる子・ブツブツブツブツずっと話している子の他に、多動の子は走り回っています。ですから殻に閉じこもり方によって使う音楽も異なってきますが、この時の音楽はとても役立ちます。

あらゆる曲・音・音色・リズムを駆使し、こちらを向かせてきました。

セラピアーは時間との戦いで、いつどの瞬間にそれをやるかが大切で、速過ぎても遅すぎても効き目が薄れることを、経験で学びました。

今日もあの手この手でした。