トリルは簡単なようで難しいテクニックです。

トリルの前にまず装飾音符が弾けるようになれば、次はトリルです。

両方とも力の弛緩が問題です。弾けないこの手を触ると凄く力んでいます。

これがクリアできればモーツアルトのソナタが弾けるようになります。

モーツアルトのソナタはトリルだらけで、他は上手く弾けていても、

このトリルが綺麗に入らないとモーツアルトがモーツアルトでなくなります。

今モーツアルトのソナタを弾いている生徒も、このトリルの箇所だけになりました。

弾き始めは音の出し方から音色など、全てモーツアルトらしからぬ弾き方でしたが、

ずいぶん様になってきました。このお正月休みに、どれだけ弾けるようになるでしょう。

来年のレッスンを楽しみにしています。