ピアノが上達するには、やる気が不可欠。ある目標を持って弾くことはとても大切ですが、目標を持たせるのはそう簡単なことではありません。

小さな目標の一つにコンサート出演というのがありますが、生徒たちのコンサートをやって来た今までの年月の中で、この人前で弾くという生徒の発表会も、リハーサルもあり日々の予定が狂うためか、昔のように楽しみにして張り切って練習をするということはなくなりました。むしろ親御さんによっては迷惑だと思う方もいました。

そんな中でも学校や他の期間で演奏する機会に恵まれると、集中的に練習する生徒も多くいます。

クリスマスコンサートでは一人の生徒が立派に演奏をし、今度は5月に二人の生徒が別の機関で演奏をすることになりました。

曲を決めたので、これから今まで以上に練習するでしょう。既に二人ともやる気を見せています。