ピアノレッスン生の場合、シッカリ練習してあれば元気にやってくるけど、練習がままならなかったり、その週にママに叱られてそれが堪えている子は、グッタリして来る生徒がいます。

練習できなかったことは「気にしなくていいんだよ又やればいいんだから」と言ったり、「じゃあ今から先生とやろう」と言えば表情が明るくなりますが、ママと上手くいっていなかったり、学校も含め気になることがあると、先ず沈んだ精神状態を回復させてからレッスンをスタートさせることになります。回復しない時はグズグズ言いながらのレッスンになり、中々進歩とまではいきません。

単にピアノレッスンと言っても技術の指導だけに留まらず、子どもの精神状態を見ながら、その回復に努めることが必要となります。