ペダルを踏み始める生徒に、ペダルを習得させなければならないことを痛感しています。

特に難しいのがレガートのペダル。私自身が何の苦労もなくペダルが踏めるようになったので、足と身体が連動しない動きをする生徒に苦慮しています。

先ずはピアノから離れ足先の訓練が必要です。と同時にペダルをうまく踏むには耳が大切になります。濁ったのが平気な耳だと、中々改善されません。自分の音にシッカリ耳を傾け、更に足先に神経を行き届くよう踏んでいけば、徐々に上手く踏めるようになります。

と言う訳で、昨日来た生徒にペダルを教えていると、「めんどくさい!」と言われてしまいました。確かに、めんどくさいですが、ペダルはとても大切な要素で、ヴァイオリンでビブラートがかからないのと同じなのではと思っているので、めんどくさがらずにシッカリと練習してね!