中学2年生の生徒が、ここにきて頑張りを見せています。ここにきてというより、更にと言った方が適切か?

ずっとヨチヨチ歩きのレベルだったピアノが、ある時から様子が変わり、真剣に練習を始めたのです。

きっかけは、まあ言ってみれば私がプツンと切れてしまったと言ったらいいでしょうか?

一向に練習が捗らず初歩レベルのまま来たある時に、ブルグミュラーのアラベスクに飛んだのがきっかけでした。

今は更に難しいボッケリーニに挑戦しています。自分で弾きたいと言って始めたのですが、さすがに難しく、ママも先生も諦めかけていたのですが、本人の固い意志の下、取り敢えず終わりまで譜読みをしてきました。

さてどうなるか?私としれは、なんとか彼女の気持ちに添って弾けるようにしたいと考えていますが、時間をかければきっと完成します。