2018年度音楽療法のプログラムを、セラピストと二人で作成しました。今年いっぱいのプログラムをほぼ考え終え、楽譜も揃え、少しホッとしました。

昨年のクリスマスコンサートを終えてから、音楽療法を受けるメンバーの心構えが変わってきました。音楽療法を心待ちするようになり、笑顔も増え、参加する意欲も高まりました。セラピストと相互関係ができてからは、他者の言葉に耳を傾けるようになりました。今後は更にそこから仲間意識が広がっていくことを一つに目標にして、プログラムを考えました。

12人ずつ二クラスの音楽療法を、二人のセラピストで質の高いものにしていくことを念頭に、1人1人に目を向け、できることが増えていくよう心掛けます。