ピアノの音に対するトラウマを解消した少女。

幼稚園年中の早い時期から治療体制に入り、親子で温難を乗り越えてきました。

今はピアノに向かい、集中してレッスンを受けている姿を見て、辛かった日々を思い起こし、私の方が涙が出そうになりました。

この生徒も20日に本番を迎え演奏をしますが、二曲通しの演奏を離れた場所で聞くと、彼女の懸命に弾く姿や音を聴いているうちに、泣けてきたのです。

ピアノの先生としてセラピストとして、一つの結果を見ました。これからもっと社会性を身につけ、ピアノを軸とした何らかの仕事に携われるよう、先を見据えたピアノレッスンを通したセラピーを行っていきます。