何が起こっても変わらない態度と表情。これを西野監督と柴崎岳選手から学びました。

サッカーの試合で点を入れられると監督の表情を映し出しますが、ほとんど変わらない西野監督の表情です。

試合後の選手の表情もほとんどの選手がポーカーフェイスを貫いていますが、その中で特に目立つのが柴崎選手のように思います。

木曜日、勝ってほしいと思うのは日本人ならみんな思うことですが、悔いなき試合をと願っています。

そして何が起こっても表情を変えない彼らから学びたい。我が子が何かしでかしても、冷静にそれに立ち向かっていきたい。

親としても学ぶことは多いと感じました。