夏休み前にステップアップをし、弾きたい曲に「貴婦人の乗馬」を選んだ生徒も、見事に弾きこなし、合格になりました。

この生徒も頑張りました。三連符や16分音符、お馬さんの並足や駆け足など、変化に富んだリズムを一つずつ弾けるようにしていき、仕上げていきました。

暗譜で弾いていて時々、「先生、次の音なんだっけ」などとブツブツ言っていましたが、黙って聴いていると思い出して弾いていました。

趣味でピアノを弾いている子は心がとても自由で、専門的にレッスンを積んだものにとって、時々羨ましくなります。

私たちが次の音なんだっけなどと先生に言おうものなら、破門になりかねませぬ!

この自由な感性を、大切に育てていきたいです。