ピアノを教えていて、最も苦慮するのが譜読みです。

生徒達はここが関門で、新しい曲を出した時は急にテンションが下がり、やる気を失せます。そこを何とか乗り越えさせるのが先生の役目でもあるので、色々苦慮しています。

一つの対策として、1曲は直ぐ弾けるようになる簡単な曲を出し、譜読みの苦労は1曲に留めるようにしています。最近の生徒はジックリ楽譜を読んでいくなんてことをしないので、だからピアノが長続きしないのでしょうね。

縁あって来た生徒には、楽譜が読めるようにしある程度の楽典が分かるようにし、そしてピアノを弾く技術を教えて弾けるようにする。このような最低限のことができるようにするのが一先ずの目標でしょうか?

ですが、譜読みを厭わず練習をしてくる生徒や、美しい音で弾く生徒、技術は拙いのに曲を理解し演奏する生徒など、様々な子どもたちがいるので、少しでも長続きしてくれるよう、先生もシッカリせねばと思うのです。