中学受験は小学受験よりもっと厄介です今の時代・・・

本人もこの時期はストレスが溜まって大変な思いをしているでしょうが、周りを見ていて、ママの方がもっと力が入っているのではないか?

小学受験同様、中学受験も、自ら○○学校に行きたいからと決めて勉強に取り組んでいる子どもたちは、ほんの一握りのように思います。

生徒のほとんどが中学受験をしますが、「どうしてその学校に行きたいのや、どうして中学受験をするの?」と聞くと、「お母さんが受けろと言ったから」とほとんどの子どもたちが答えています。

だからママゴンの方に力が入るのです。

今どきの子どもたちに幸福感なんてあるのだろうかと、時々思ってしまいます。合格できたとしても、幸福感はほんのひと時。中学でついて行けるか上にいけるかなど、新たな問題と直面しなければなりません。

私も中学受験しましたが、田舎だったし、島根大学附属中学校ぐらいしか受験の中学校はなく、しかもそんなに受ける子どももいなかったので、冬休みにチョコとお勉強した思い出しかありません。しかもその頃はピアノの道に進もうと思っていたので、勉強は片手間でした。

好きな道も見つからず、取り敢えず親の言うままに中学受験をするという意識の低さから、学力は身につくのでしょうか?