施設の音楽療法。クリスマスコンサートの練習です。

ベル・クラベス・タンバリン・パーランク・太鼓・ピアノを、演奏可能な各人にセラピストが楽器を選び、練習を重ねています。

今日は海外からの見学者が訪れ、みんな張り切って練習をしていました。人がいて縮こまってしまう人と力を発揮する人と二通りいますが、彼らは「私たちをみてみて!」という感じで、伸び伸びと演奏をしていました。

11月12月とあと4回の練習で、もう少し音を合わせられるようにしたい・・と思うセラピストの思いとは裏腹に、楽しく練習に参加しています。何よりです。