何事も諦めずに積み重ねていけば、いつかは陽の目を見ることができる。しかし人はそこまで諦めずに続けられるかどうかで、何かを成し遂げられるか否か?

ピアノの練習も、他者から見たらつまらないことを繰り返し繰り返し弾き、それでも思ったように上達しないジレンマと闘いながら練習を続ける。それが特別な才能を持ち合わせていない者の、楽器演奏の上達に不可欠なことです。

生徒を見回しても、コツコツ練習をしている子は必ず上達していき、よくぞここまで弾けるようになったと、ある時期が来ると思うのです。

かつての生徒達は、趣味で習っている子でもとても良く練習してきました。そういった生徒は学校の成績もよく、様々な分野で活躍しています。

ピアノに限らず、何かに打ち込んで一つの事を長きに亘って続けてほしい。