譜読みに時間がかかり、そこで練習が滞っていても、いったん弾けるようになると「勉強しているよりピアノを弾いている方が楽しい!」などと言いだします。

指がスラスラ動き、自在にメロディーを楽しめるようになると俄然、楽しくなるのはよく分かります。そして何度も繰り返し弾いているうちに、その時の気分によって弾き方が変わってくると気付きます。

楽しそうに曲に集中して弾いている生徒の顔を見ると、新しい曲を出すのを躊躇してしまいます。暫く楽しませておいて、十分に仕上がってから次の曲に行きますか?