「音花の樹」のクリスマスコンサートに唯一出演する生徒。曲が中々仕上がらず、10月まで様子を見ていましたが、この時期にはここまで弾けていなくてはならないラインを超えたので、お母さんの出番です。

レッスンは週に1回、でもお母さんには毎日注意をしてもらえるので、八分音符と四分音符の区別がままならない箇所を日々の練習で直してもらいました。実力より難しい曲を弾くので、付きっ切りも仕方ありません。

生徒が弾きたいと言った曲を弾かせてあげたいと思い、左手のハーモニーを減らし、弾きやすくしましたが、それでも仕上がりが遅く冷や冷やしました。

11月に入り、ほとんど間違わずに弾けるようになったので、ヤレヤレです。そして生徒の方も自信と共に俄然やる気も出てきて、朝と夜と2回練習しているそうです。

弾けるようになる前にももっと練習して欲しいと、先生としては思うのですが・・・

 

       <ピアノレッスン・セッション・音花の樹>

        お問い合わせ:bo-k1818k@nifty.com