昨日のスケートNHK杯の女子は、感動的な内容でした。同じコーチによる二人のスケーター。

このスケーターを育てた濱田コーチの、コーチとしての厳しい姿勢には共感を覚えます。

「人のせいにするな!」この考えを濱田コーチに植え付けたのが、広島で11歳の時に被爆した母親によるものでした。

当時の広島の人たちは、焼け野が原から人のせいにすることなく、自分で立ち直っていったのだと・・・

濱田コーチは弟子たちに「才能とチャンスに恵まれたのだから、それを生かし思いっきりやってほしい。ちゃんと好きなことをやり続けられる世の中に生まれたのだから、ベストを尽くしなさい」

これって、全ての人に通じる言葉ではないか?好きなことができる世の中に生まれたのだから・・・

黙々と練習を続ける彼女らの背後にいる優れたコーチ。見倣わなけらばなりません。

 

音花の樹・ピアノレッスン・セッションのお問い合わせ:bo-k1818k@nifty.com