エアコンをつけたり消したりする時期、つまり季節の変わり目に、ピアノは必ず調子が狂います。

でも温度が一定になる頃には落ち着いてきますが、今回は音の狂いが一向に直らず、調律の時期ではなかったですが来てもらいました。

原因はピアノの老齢化で、分かり易く言えば、たるんだ皮膚が元に戻らないのと同じ状態になっていました。

取り敢えず直していただき、一ヶ月様子を持て同じ状態になったら、大幅な修理が必要のようです。

大幅な修理はこのピアノになって既に2回行いました。3回目を行うとなると、ほぼアプライトピアノを新しくするのと同じぐらいの費用になります。

新しくグランドピアノを買おうかどうしようかいつも迷いますが、既にこちら(わたし!)も老齢化!買った途端にピアノが弾けなくなる事態が起こるやも知れず、悩みます。

私はヤマハしか持っていませんが、それでも今のレベルのピアノだと350万ぐらいします。悩むのは当然ですね。フムムム・・

 

    ピアノレッスン・音楽セッション・音花の樹お問い合わせ:bo-k1818k@nifty.com