譜読みも仕上がりも時間がかかる生徒は、何処かで弾く場合は、間に合わないといけないので長い間同じ曲を弾くことになります。

さて、演奏会が終わり、新しい曲を出して2週間後のレッスン。難しいからと、勝手に別の曲を持ってきて、しかもそれこそドレミも読めなくなっていました。

生徒の中には、譜面なんか苦労して読まなくても、誰かが何とかしてくれると思っている子もいます。この生徒の場合はいざとなったら先生か両親が助けてくれます。

ドの次のレの音も読めなくなっていて、何の音と聞くとラと答えるなど全くやる気に欠け、レッスンに来るのに1段も楽譜を読んでこないと、さすがにこちらも堪忍袋の緒が切れてしまいます。

ピアノの先生しかしていなかったころに比べると、音楽療法士になってからは全くと言っていいほど怒らなくなりました。それを良しとするかは別として、自主性を重んじるには練習をしてこなくてもジッと我慢をするのは時として必要です。

ですが生徒によっては全く反省も改善も見られず、平気で音読みもしないで来ると、昔のように破門にしたくなります。

若い頃は、何度言っても練習して来ないプライベートの生徒は破門にしていました。但し音大で教えていた生徒にはずいぶん温情を与えていましたが・・そうしないと落第してしまうので、それは避けようと思いました。

来年のレッスン時までに、少しは自ら練習してくるかどうか!