小学3年生の生徒。男の子です。

正月明けのレッスンは、旅行をしたり新年会などで忙しく、前日に弾いただけでやってきました。

この子は練習して来ないと、大きな声で話しながらピアノを弾きます。

私が、自分の音を聴きたくないからよね、練習してないといつもお話ししながら弾くよねと指摘すると、「そう、自分の出す音がひどくて聴きたくない」と答えたのです。「こんな音、ママにも聴かせられない」と・・・

まだピアノを始めて2年ちょっとしか経っていない、ユックリユックリ練習している生徒から、まるで専門家のような発言!凄いと思いました。

この生徒は、練習をしてくると人を引き付ける音でピアノを弾くので、いつも感心していました。ただ耳がいいと言うのとは違って、内面がとても豊かな少年だと思います。

親御さんも彼の資質をよーく理解していて、彼に合った方法で勉強やその他のことを導いています。兄にもピアノを教えていましたが、全くタイプが違います。兄弟って、それぞれ個性が違って面白いですね!親御さんも苦労もおありでしょうが、きっと楽しいと思います。

 

ピアノレッスン・音楽セッション・音花の樹 お問い合わせ:bo-k1818k@nifty.com