幼少期は心身の発達の真っ最中で、何も定まっていない心と体を、親御さんが育てていかなければなりません。

子育てって長い目で見れば一時ですが、真っただ中にいる人は思い通りいかない子育てで、心身とも疲弊している時でもあります。そういう時期に、チョッとしたアドヴァイスをしてくれる年配の経験者や専門家がいれば、とても気が楽になるでしょう。子どもを作る前に、そういった人を周りに確保しておくのも、周りの人に関心を持たない昨今では、必要なことかもしれません。

子どもも体調によって言うことが変わったり、出来不出来があったりで・・・この年齢ではお勉強の出来不出来ではありませんが・・・定まっていないことに一喜一憂することなく子育てをしなければならないです。

今の流行にのっとって、なんでも早くさせなければと、幼児塾・水泳教室・音楽教室・英語塾などに通わすことは、発達の途上では相応しくないものもあります。勿論その年齢に相応しいお稽古をしている教室や、子どもによって差のある発達を見極めてくれる先生の下で、これ等のお稽古を上手くこなしている親子もいます。

親御さんは周りに振り回されることなく、我が子の発達状態をきちんと見極めて、何を何時どのような方法でスタートをさせたらいいか、熟慮する必要があります。

 

音楽セッション・ピアノレッスン・音花の樹*お問い合わせ:bo-k1818k@nifty.com