東京の公立は、来週から始まります。今度4年生になる生徒は、春期講習で勉強に明け暮れていましたが、この土日でお泊りのリフレッシュができることになり、ニコニコ顔でレッスンに来ました。ピアノはほとんど練習してなかったですが、暗譜の曲を緊張して一生懸命に弾いていました。日頃は練習できない時があっても、このレッスン時の緊張感は、必ず何かの役に立ちます。

ある期間に一生懸命でピアノに向かった生徒は、成長しても何かしら自分の道を見つけ、自立していっています。そうじゃなかった子は、今だ自分の道が見つけられず、糸が切れた風船のようになっているのを見るにつけ、この長年の経験を活かし、そういう子どもたちを少しでも減らしたいと、親御さんとも向き合っています。

 

ピアノレッスン・音楽セッション・音花の樹*お問い合わせ:bo-k1818k@nifty.com