ピアノを教えて○○年。セラピストになり○○年!

多くの生徒たちや親御さんから学びつつ、今日に至っています。

子育ての中で、何かがうまくかみ合わない時は、自分自身を振り返り良く見つめ直すことが肝心かも知れません。

健常児も障がい児も彼らの心に寄り添うことによって、不可能が可能になる・・・多くの失敗や成功から学んだことの一つです。

最近、会話がままならなかった生徒と、とても上手く話が進むようになりました。しかも一人だけではなく数人います。

ピアノを通して可能になった子もいれば、セラピーの中で可能になった子もいます。

共通する点は、彼らのピュアな心に寄り添い共感し、心から尊重することです。本当に子どもたちは多くの能力を秘めていて、一つの事にフォーカスすれば、大人よりずっと優れたものを持っています。

彼らの能力を尊重し関係を深めていくと、私との間に深い絆と言えるでしょうか?そういった目に見えない強い繋がりができてくるのを感じるのです。

子育ての中で、様々な事情でそういった時間を持てなかった親御さんも、これからでも遅くはありません。思春期になると難しいですが、それなりのやり方がある筈です。

家の中でさえ居場所のない子は、外に出たらもっと見つけるのが困難です。我が子に寄り添い、家庭内できちんとした居場所を与え、そして安心して旅立っていける子どもに育ってほしいです。

 

                ピアノレッスン・音楽療法・音花の樹:bo-k1818k@nifty.com